ダイエット時の水分摂取で気をつけること 水分量もだけど何を飲むかも大事

仙台のパーソナルジムBLOOMです。

ダイエットやトレーニング、健康に役立つ情報を発信しています。


人間の身体を構成したり、エネルギー源になったり、身体の調子を整える役割を持つ5大栄養素。

タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルのことです。

それらの栄養素も大事ですが、それ以上に大切な「水」。

私たち人間の身体の60〜65%が水分で構成されています。(※一般的な成人で)

水分を摂取していれば食べ物がなくても数週間は生きれるといわれていますが、

水を一滴も飲まなければ4〜5日で死んでしまいます。


水は生命の維持にとても重要ということがわかったと思いますが、

水の主な3つの役割は「酸素や栄養を身体中に運ぶ」、「老廃物を体外に出したり」、「体温調節」。

また、先ほどの5大栄養素など全ての栄養の代謝にも水は必要不可欠なのです。


【ダイエット時の水分補給で気をつけること】


それでは、本題のダイエット時の水分補給で気をつけることの関して書いていきたいと思います。

1番大切なことは「必要な水分量をしっかり摂取すること」です。

水やお茶、コーヒー、汁物、食材に含まれる水分すべて含めまず必要量を摂取しなければ話になりません。


・水分摂取量の目安

活動レベルが低い場合は2.3〜2.5リットル。

活動レベルが高い場合で3.3〜3.5リットル。

これくらいの摂取量と推定されているようですが、必要量を性別や年齢、身体活動レベル別に算定する根拠はいまだに整っていないようです。


健康的な人であれば1日に発汗や呼吸、尿や便からおよそ2リットル±0.3リットルほどの水分が体外に排出されていると考えると、

成人女性→体重1キロに対して40ml

・成人男性→体重1キロに対して45ml

・アスリートや活動レベルが高い人→体重1キロに対して50ml

これくらいを目安に水分量を摂取することを私は推奨しています。


【摂取する水分の種類にも注意】


ダイエット時は水分の摂取量はもちろんですが、水分のカロリーにも注意したいです。

水やお茶類、ブラックコーヒー、0キロカロリーの飲料などは飲んでもカロリーはありませんが、

ジュース類、カフェオレや砂糖を含むコーヒー、牛乳や豆乳など。

カロリーが存在する飲み物を摂取すると、カロリーオーバーやその分食べる量を減らしたり、砂糖の摂り過ぎになる場合も出てきます。

ダイエット中でカロリー制限をしている方は食べ物だけでなく、飲み物のカロリーにも気をつける必要があるので注意。


ダイエット中の方もそうでない方も、まずはしっかり必要な水分を摂取すること。

無駄なカロリーや砂糖を摂りすぎないように、飲み物の種類や量、頻度にも気を付けてみて下さい!


無料カウンセリングではダイエットやトレーニングのご相談承っています☆
体験トレーニングもぜひ‼︎

ダウンロード (7)

仙台でダイエット、トレーニングするなら‼︎

Access


パーソナルジムBLOOM

住所

〒980-0014

宮城県仙台市青葉区本町1丁目10-12

Sビル4階

Google MAPで確認する
電話番号

080-9631-0041

080-9631-0041

営業時間

10:00~23:00

定休日 不定休
施設の特徴 プライベートジム
最寄り駅から徒歩で通える好立地にトレーニングジムを構えているため、お車をお持ちではない方も気軽にお越しいただけます。こだわりのある器具を取り揃えており、幅広い年齢層を対象としたコースをご用意しています。

お問い合わせ

Contact

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。

    関連記事

    Related